インプラントの利点と欠点

インプラントの利点

インプラントの利点には以下のようなものがあげられます。

自然な歯のような機能や、外観や、感覚が得られます。
自信を持って話し、笑い、食べることができます。
快適で、その位置から動きません。
隣接する歯を削る必要はありません。
自然な歯と見分けにくい。
インプラントは適切に手入れすることによって生涯使用することが可能です。
食べたいものは何でも食べることができます。 自然な歯との違いありません。

インプラントの欠点

治療・審美性などについての欠点はほぼ無いといっていいのですが、唯一の欠点は保険適応外のため治療費が高いことです。

他の治療法と比較して

ブリッジとの比較

ブリッジは、無くなってしまった歯の両隣の歯を削って装着します。

削られる隣の歯は、虫歯でなくても削らなくてはなりません。また、隣の歯が歯槽膿漏などで土台として使用できない場合などには適応できない場合があります。

インプラントは、無くなった歯の場所に植立するので隣の歯に負担をかけずに自分の歯のような使用感を得ることが出来ます。

入れ歯との比較

隣接している数本の歯によって支える部分義歯も、バネを残っている歯に引っ掛けるので、残っている歯に大きな負担をかけ、ついには抜けてしまうこともあります。

また、入れ歯の床の厚みがあり口の中に違和感を感じる方もいます。

インプラントは、人工の歯根に人工の歯をかぶせるだけなので、自分の歯のように使え違和感を感じることはありません。