インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

患者さんのご希望をお聞きし、インプラントについてのご説明をします。
また、インプラント治療が可能か全身の健康状態をうかがいます。

不明な点は何でも相談しましょう。

2.審査

X線検査・・・顎の骨質及び骨量などの局所解剖学的評価を行います。
口腔内検査・・・実際にお口の中を拝見し、粘膜や顎の形などを審査します。

カウンセリングでうかがった全身の健康状態と検査の結果を総合しインプラント治療が可能か判断します。

3.治療計画

上下の歯と顎の型をとり、顎と歯の関係を確かめ、適切なインプラント埋入位置を決定します。
治療をする前に、審査の結果をお知らせするとともに、予想される結果と伴われるリスクも含めた治療計画の内容をはっきりとご説明します。

4.インプラントの埋入(インプラント歯根部植立)

局所麻酔をした後、顎の骨にインプラント(フィクスチャー)を埋め込みます。

1次手術では埋没後、歯肉を閉じて縫い合わせます。処置の時間は約2時間前後です。局所麻酔のため痛みはほとんどありません。

5.インプラントと骨の結合安定期間

1次手術後は顎の骨とインプラント(フィクスチャー)が結合し、安定するまでの期間、上あごだと半年、下あごだと3カ月程度、骨と接着するまで、待たなくてはなりません。
この間は仮の義歯を使用することができますので、日常生活に支障はありません。

最近では、入れたその日から噛めるというインプラントも出てきていますが、僕はより安全な方法として、今まで通りの3か月から半年待つ方法をお勧めしてい ます。

6.二次手術

インプラントが完全に顎の骨と結合されたら、人工の歯を取り付ける準備をします。 歯肉を小さく切開し、埋まっているインプラントの頭部を露出させ、人工の歯を接続するためのアバットメントという土台を取り付けます。この状態で、歯ぐき が治るまで待ちます。

7.人工歯の型取り、製作

インプラントに装着する人工歯を製作するために精密な型取りをします。

患者さんの今ある歯の色や形に合せて人工歯(セラミックやポーセレンなど)を製作します。この人工の歯を装着するとインプラント治療の完了となります。

8.メインテナンス

インプラント治療の完了後は、1週間目に検診においでいただきます。

その後は口腔内の状況により1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月1年と定期健診においでいただき、長くインプラントの歯をお使いいただけるようメインテナンスが必要です。